山中温泉『花紫』訪問記 パート1

石川県にある山中温泉。
山中には旅館が何軒もありますが、その中でもお気に入りの宿が『花紫』です。
前回訪問時のレビューは食べログの方をよかったら見ていってください→クリック
d0289147_08092881.jpg
お部屋に案内されてお茶を頂きました。ここのオリジナルのお菓子が楽しみでした。
d0289147_08113525.jpg
ラズベリー風味の蒸し菓子です。九谷焼の茶器で出される温かいお茶とともにいただきます。
d0289147_08153323.jpg
息子には冷たい加賀棒茶。器は山中塗りですね。
一息ついたら温泉の方へ行きましょう。こちらは内湯の大浴場と露天風呂と小さな内湯付きの場所と2カ所浴場があります。
内湯の大浴場の方へ行ってみました。
d0289147_08195435.jpg
脱衣場は綺麗に清掃されていて、開放感ある造りです。バスタオルやタオルは備え付けられており非常に快適です。
タオル生地が厚手なのがまた嬉しいですね~♪
d0289147_08221292.jpg
いつ行ってもカゴが整えられていました。
d0289147_08231064.jpg
お湯の鮮度も良好で、温度はやや熱めで気持ちの良いものでした。石川の温泉は湯量のためか半循環の場所が多い印象ですが、こちらのお湯は塩素の匂いはまったくしませんでした。完全掛け流しなのかどうかがよくわかりませんでしたが、快適で気持ちが良い湯だったことは間違いありません。アメニティ・シャンプーやボディソープ類は資生堂のものが使われていました。こういうところがまた嬉しいです。
d0289147_08274115.jpg
湯上がりは九谷焼が展示されている場所でゆっくり冷たいお茶をいただきました。
d0289147_08311542.jpg
窓からは紅葉が。一枚の絵のようで美しいですね。
d0289147_08320657.jpg
湯上がりサービスの梅ゼリーです。氷片とともに出されます。少しワイン風味な感じで絶品なんですよ。
また食べたいと思っていた品でした。

お部屋に戻ると食事の用意がされはじめました。今回は夕食を部屋食でたのみました。こちらではダイニングでのアラカルト懐石かお部屋での旬の懐石かと色々選べます。ダイニングの雰囲気も前回非常に良かったのですけどね~。また次回の楽しみとしますか(^^;
d0289147_08384966.jpg
食前酒は能登の赤ワイン。甘みがあって飲みやすいですね。前菜は山海の幸盛り合わせ。
d0289147_08433962.jpg
秋らしい素敵な前菜です。日本酒をのみたくなってきました。ということで、今回セレクトしたのは・・・
d0289147_08393458.jpg
利き酒セットです。以前ブログでも書いた松浦酒造さんの大吟醸獅子の里と超辛純米があります。それと、この旅館オリジナルの花紫・ひらひらの4種類。
d0289147_08481114.jpg
旅館オリジナルの日本酒『花紫』です。柔らかい味わいとのことでしたが、スッキリしてさらりと流れる印象。味が強調してこないので、食事の邪魔をせず食中酒としてはいいのではないかと思います。
d0289147_08521183.jpg
こちらも旅館オリジナルの日本酒で『ひらひら』。こちらのお酒、驚くほど非常に軽い飲み心地でして、フルーティーで柔らかいという言葉がぴったりあいますね。日本酒が苦手な方でも、こちらのお酒だと知らない間に飲み干してしまうんじゃないかしら。
d0289147_08554112.jpg
超辛純米というだけあり、薫り・味とともにガツンときます。辛口好きの方にはもってこいのお酒ですね~。
冷やでストレートに味わうのもいいけど、これは熱燗でたのんで飲めばもっと美味しかったきがする(^^;
d0289147_09005955.jpg
この4つの中でダントツすぐになくなったのがこの『大吟醸獅子の里』
私の好みど真ん中の日本酒であります。まろやかで、口に入れると甘みと旨味が膨らむんですよね~。
私の行きつけの酒屋さん、松浦酒蔵さんのお酒を取り扱ってくれないかなぁ(ノД`)
d0289147_09070103.jpg
息子は地物サイダーの『柚子乙女』をワイングラスでいただいていました。微炭酸だそうで柚子の風味があって美味しいなどと大人ぶって言っておりました(´д`)
d0289147_09112977.jpg
椀ものです。
d0289147_09115615.jpg
ずわい蟹の真丈です。お出汁が美味しくて満足。
d0289147_09140661.jpg
お造りとずわい蟹の手巻き寿司。蟹味噌が添えられていて、手巻き寿司に好みでつけていただきます。お造りの中に入っている蕪も美味しかった。

d0289147_09173632.jpg
焚き合です。
d0289147_09184914.jpg
源助大根・鴨のつみれ・能登汐風牛蒡・赤人参・金沢セリ・柚子が入っていました。セリがシャキシャキ。野菜それぞれがお出汁を含んでいていいお味です。
d0289147_09215323.jpg
蟹もたっぷりでました。ずわい蟹がこれでもかと身が詰まっています。美味しくて無口になります~。
d0289147_09233760.jpg
焼き物です。パラフィンに包まれて出されました。
d0289147_09245816.jpg
お魚はノドグロ。左は海老芋の上に鱈の白子がたっぷりとのっています。
d0289147_09262391.jpg
おろしポン酢につけていただきます。白子は生暖かい感じでトロリとしています。ポン酢につけると味がしまって、酒飲みにははまる1品です(^^;
d0289147_09275906.jpg
この地方の郷土料理であるかぶら寿しをサービスでいただきました。
かぶらの間に鰤を挟み、糀でつけ込んだ発酵食品です。
実はわたくし初めていただきました。非常に勉強になりました(^^)

d0289147_09343732.jpg
お鍋が登場です。
d0289147_09352988.jpg
和牛ロースと引き上げ湯葉、蓮根餅・銀杏・生姜と入っています。
d0289147_09371670.jpg
小型の卓上七輪でグツグツと炊きあげます。とろみがかっていて最高にあたたまります。お出汁の味も美味しい。
d0289147_09384865.jpg
止め椀です。石川県の新米コシヒカリ。ツヤツヤで美味しいです。アオサのお味噌汁と香の物も良かった。
d0289147_09403377.jpg
デザートはあんみつ。こちらは定番のようで前回とほぼ同じですね。
美味しい夕食で、量もちょうど良い感じでした。以前と比べるとボリュームが抑えられている感があります。
前回は止め椀とデザートがまったく入らない状況でしたので(^^;
内容的には大満足でした。やはりドッシリとした安心・安定感がありますね~。

長くなったので、次回パート2でまた続きを書きたいと思います(^^;

◇施設データ
住所:石川県加賀市山中温泉東町1丁目ホ17-1
TEL:0761-78-0077
駐車場:有
HP:http://www.hana-mura.com/

[PR]
トラックバックURL : https://yumedrive.exblog.jp/tb/21508873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akebi-yumeguri | 2015-01-27 09:57 | 石川ー温泉 | Trackback | Comments(0)

食べる事、お酒を愉しむ事、旅と温泉が大好きで、暇を見つけてはどこかに出かけています。北九州中心となりますが、2010年より食べログ『akebiのおなか(・ω・)♪』を開始し、更新頻度少なめながら細々とブログ活動をしております。みなさまの食や旅の参考になれば嬉しいです。


by akebi-yumeguri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31